自然のちいさな贈りもの    

herbsgift.exblog.jp
ブログトップ

ホワイト・フラワークリーム

どんな色にも染まる色
ホワイト色

ホワイト・フラワークリーム

お一人様ずつお話をお聞きして
心と体に耳を澄ませながらお花のエッセンスや
精油を選んでお作りしています。

d0319230_00651.jpg

柔らかく優しいクリームは
お子様も一緒にご利用いただけるので
リピートいただいているお母様からは
「娘のほうが気に入っているんですよ」というお声をいただいています。

「お手当」という言葉があるように
優しく塗ってあげた優しい記憶が
ずっと心に残っているのかもしれません。

ふんわりと植物の香り
嗅覚は一番最期まで残るそうです。
例えば、前世の香りも覚えていることがあるそうですヨ♪
[PR]
# by miyuki_ogata | 2016-03-27 00:01 | お便り | Comments(0)

4月の予定

生命力あふれる芽吹きの季節がやってきました♪
4月のレッスン更新しました。

~和の香で作る眠りの道具~

アイピローと和の香りのピロースプレーを作ります。
古くから私たちの暮らしに根づいているよもぎに華やかなハーブをブレンドして作る眠りのアイテムたち。
一日の終わりにやすらぎの香りを贈りましょう。好きな香りをブレンドしてオリジナルの香りが作れます。

* おやつ* 春の香りのよもぎもち

日 時:
糸島教室 
2016年4月19日(火曜日)13:00~15:00

六本松教室   
2016年4月23日(土曜日)13:00~15:00

主催:もちカフェ月うさぎ

申し込み・お問い合わせ
TEL:092-332-8320 
mail:tukiusagi@synapse-one.jp


~自然の贈りもの~
日本古来のハーブ 松と人々とのつながり


海岸沿いに続く美しい松林は、福津で暮らす人々の生活を風雨や塩害から守る、欠かせない存在です。この旅では、まちとともに歴史を刻んできた“松”について、先人たちの知恵や活用法を楽しく学んでいきます。日本古来のハーブ“松”を存分に楽しめる「松葉サイダー」づくりや松林でのランチタイムにも注目です。

日 時:
2016年4月30日(土曜日)10:00~14:00
場所:津屋崎千軒・津屋崎松林

主催:福津市商工観光課・福津暮らしの旅事務局

申し込み・お問い合わせ
TEL:080-4168-5163 



<お問合せ・連絡先>
メール herbsgift☆gmail.com
(☆を@に変えてお送りください)
[PR]
# by miyuki_ogata | 2016-03-23 21:00 | 教室の日程案内 | Comments(0)

植物からの3つの贈りもの

d0319230_1146533.jpg

植物からの3つの贈りものを知っていますか?

それは、きれいな空気・おいしい食べ物・緑の薬の3つです。

◇きれいな空気
人間は植物から得た栄養素と呼吸で得た酸素を燃やしたエネルギーで生命活動を行っているため、酸素なしでは生きていけません。また、植物はシックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドなどの有機化合物を取り込んで空気を浄化してくれます。森林浴をすると気持ちが良いのが分かります。

◇おいしい食べ物
三大栄養素(糖質、脂質、たんぱく質)やビタミン、ミネラルなどを含んだ野菜や果物がこれにあたります。人間は光合成が出来ないので、自然の恵みを摂取しなくては生きていけません。

◇緑の薬
植物はおいしいだけではなく、植物化学(フィトケミカル)成分を含んでいます。栄養素だけではなく色素、芳香、呈味成分も生合成しています。これらは人間の生体防御機能や恒常性を維持するのに役立つことが近年、次々と立証されています。ハーブはこうした物質の宝庫であり自然がもたらす安全な薬だと言えます。


d0319230_1201663.jpg

[PR]
# by miyuki_ogata | 2016-03-23 11:58 | 緑の薬箱より | Comments(0)

おひさまの恵み・乾物

d0319230_2273920.jpg

おひさまの光を浴びた
大根や人参が乾物になりました。

昆布や干しイカと一緒に
醤油漬けにすると出汁がしみてとっても美味。

残った乾物は天然酵母用です。

まだ、少し寒いけれど「春がやって来たよ~!」と
酵母くんを起こして行きたいナと思います。

d0319230_2281572.jpg

こちらはお野菜たっぷりのハーブバター。

新玉ねぎ、エシャロット、ニンニク、パセリ、チャービル・・・などが入っています。

パンと一緒にいただいたら、どんなに美味しいことでしょう。
そのまま温野菜のディップにしてもいいですし
バタームニエルにもピッタリです。
[PR]
# by miyuki_ogata | 2016-03-19 22:21 | 台所薬局 | Comments(0)

自然という、街という教室で

d0319230_2394146.jpg

冬から春に移り変わり
季節の変わり目となりました。

衣替え、着なかったものは
どんどん捨てていきます。

ただでさえ、持ち物が少ない私ですが
もっと、少なくなりました・・・汗

不要になったものは学び終えたもの。
感謝を伝えたらどんどん捨てて行きます。

そうしていたら、ふと6畳の部屋に
暮らしていたときのことを思い出しました。

江戸時代から続くお寺で
宿泊施設でもあったここでのお仕事は
掃除、洗濯、お料理でした。

6畳の部屋にはテレビはなく
窓のすぐ下には川が流れ
一晩中、川のせせらぎが聴こえてきます。

あの暮らしを体験してから
今も私の家にはテレビはありません。

その分、少しの書物を読み
自然や人と逢うことが多くなりました。

山でも街でも、口伝にて素敵なことを教えてもらうようになりました。
行く場所が教室となり、関わる人が先生となるのです。

古来、まだ書物がなかった時代に五感を研ぎ澄ませ、選び
身近なヒトのためにと扱うようになった薬用植物、ハーブも
長い年月をかけて口伝にて伝えられてきました。
d0319230_2361588.jpg

時々、思うことがあります。
もし、この世を去る前にベットの上で思い出すことがあるとしたら
それは心が動いた出来事や大切な人なのかもしれません。



[PR]
# by miyuki_ogata | 2016-03-18 23:10 | 3冊の日記帳 | Comments(0)