自然のちいさな贈りもの    

herbsgift.exblog.jp
ブログトップ

緑の台所薬局・長命草ニョッキ

d0319230_19191395.jpg

ほくほく新じゃが芋と

琉球畑からの贈りもの、長命草で作る緑のニョッキ
「1株食べると1日長生きする」植物として知られています。

古くから料理や民間薬として健康に役立てられてきた長命草は
高い抗酸化作用があり、排尿促進や血流改善などにも有効です。

沖縄では昔から食べ物を「ぬちぐすい」といいます。

直訳すると「ぬち」は「命」、「ぐすい」とは「薬」という意味ですが
病院や 薬局などで買う薬とは違います。

「命の薬」とは、例えば母親の愛情であったり
美味しい料理、人の優しさなど・・・
心の中が暖かくなって癒されるような出来事をさす言葉です。

琉球のおばあから譲り受けた羽釜でニョッキを茹でていると
クルクルと回りながら
火の確かなエネルギーが伝わっているかのようでした。

太陽をいっぱい浴びたレモンで作った
新玉ねぎのドレッシングと一緒に「いただきます」
自然の恵みに感謝を込めて。




[PR]
# by miyuki_ogata | 2016-04-25 19:49 | 台所薬局 | Comments(0)

月桃ご飯

d0319230_9394162.jpg

お友達のちいさな琉球畑より
自然の贈りものがやってきました。

長命草、月桃、フーチバー(よもぎ)

そして、琉球の刻印が入った羽釜は
おばあから、譲り受けたもの。

母なる大地が伝えたい
暮らしのメッセージのよう。

月桃の葉っぱで
ご飯を炊くとほのかな香りが広がります。

Simply life
日本には伝えたい、残したい
美しいものがあります。
[PR]
# by miyuki_ogata | 2016-04-19 09:36 | 台所薬局 | Comments(0)

トランスフォーメーション

d0319230_1719587.jpg

くんくん、感覚が研ぎ澄まされる季節。

同じ種類の植物でも
咲いている地でそれぞれが個性豊か。

新月、雨上がりの朝
野鳥の音が木霊して

草花たちは
人々の暮らしに役立つために

トランスフォーメンション中♬♩♫♪+
d0319230_17204467.jpg

[PR]
# by miyuki_ogata | 2016-04-08 17:17 | 緑の薬箱より | Comments(0)

森のレイン・デトックス

気持ちいい春風に誘われて
森へやってきました。

だけど、お山の天気は変わりやすい。

誰もいない雨の森で
すっかり迷ってしまいました。
d0319230_10355873.jpg

こんな時は五感を研ぎ澄まして
道なき道を選び、キコリさんたちがたどるテープに沿ってきます。

そうしたら、古来からの言い伝えのある
大きな岩が残されているところにたどり着きました。
石は「意志」とも言われるもの・・・
きっと、大切なことを想い出すためにここに来たのカナと思いました。

ホリスティックなことに携わる中で
病いや痛みを通じ、心身と生活について
深く考える機会を与えられていると感じることがあります。

d0319230_10445651.jpg

静寂の雨の森の中で

空の上で大きなものが動いて
ビュンと風を作ったかと思うと

時折、雲の隙間から
陽の光がきらめいてきます。

目の前の出来事にただ、集中し
ありのままに感じることをマインドフルネスといいます。

グーグルやインテルなどの企業では社員研修としても取り入れられている
リラクゼーション療法のひとつです。

雨に降られたのは久しぶりだけどハッとさせられたり心が温かくなる、とても心地良い時間でした。
d0319230_1131221.jpg

ひっそりと・・ショウジョウバカマたち、可愛かったです♪

[PR]
# by miyuki_ogata | 2016-04-04 11:04 | 日記 | Comments(0)

ホワイト・フラワークリーム

どんな色にも染まる色
ホワイト色

ホワイト・フラワークリーム

お一人様ずつお話をお聞きして
心と体に耳を澄ませながらお花のエッセンスや
精油を選んでお作りしています。

d0319230_00651.jpg

柔らかく優しいクリームは
お子様も一緒にご利用いただけるので
リピートいただいているお母様からは
「娘のほうが気に入っているんですよ」というお声をいただいています。

「お手当」という言葉があるように
優しく塗ってあげた優しい記憶が
ずっと心に残っているのかもしれません。

ふんわりと植物の香り
嗅覚は一番最期まで残るそうです。
例えば、前世の香りも覚えていることがあるそうですヨ♪
[PR]
# by miyuki_ogata | 2016-03-27 00:01 | お便り | Comments(0)