自然のちいさな贈りもの    

herbsgift.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

古民家、藍の家にて

d0319230_2019149.jpg

築100年以上の古民家、藍の家でのハーバルレッスン
「地島の椿油でヘアウォーター作り」を行いました。

古来より日本で衣食住に利用され
"生活文化の象徴"とされてきた椿。

旧津屋崎町でも町花として大切に思われて来ました。

そのことを知っているかのように
外のお庭では和ハーブの"藍"がうれしそうに
そよそよと風に揺れています。

地元の方たちの暮らしの会話に
時折、聴き耳を立てながら
梅雨の合間のしっとりとしたひとときとなりました。

藍の家の保存活動をされている
柴田富美子さんのお話が心に沁みいります。

by miyuki_ogata | 2014-06-29 16:10 | 教室の様子など | Comments(0)

ラベンダーバンドルズ

d0319230_21314840.jpg

雨の日の手仕事は

ひとつ、ひとつのラベンダーを
リボンで編みながら

ひと花、ひと花の会話が咲いていきます。

流れていく時間と
ちいさな贈り物のひとつ、ひとつ。



暮らしの中のハーブ
~ラベンダーバンドルズ作り~
 


フレッシュラベンダーをリボンで編んでいくクラフト作りをします。
手仕事中はお部屋いっぱいにラベンダーの香りが広がります。

◆日時

7月7日(月)

13:00~14:30 
by miyuki_ogata | 2014-06-27 09:19 | 教室の様子など | Comments(0)

ちゃぶ台と家族

d0319230_22345017.jpg

お父さんとお母さん
長男とちいさな娘さんがいるご家族が来てくれました。

お父さんのカラダのほとんどは
癌が転移しています。

永い闘病生活、少しだけ外出が
出来るようになったそうです。

新鮮なお野菜で
素朴なお惣菜を準備しました。
それから心を込めておむすびを握りました。

ちゃぶ台を囲んで
家族みんなでご飯。

みんなで写真を撮り
ちいさなワークショップをしました。

厳格であまり笑わなかったお父さんが
目尻を細くして、ニッコリ笑ってくれました。

その笑顔は今でも覚えています。
最後に見たお父さんの笑顔でした。


そして今は時々、子供さんと
夢やこれからのことについてお話をします。
そして、一緒にご飯を食べます。

何も出来ませんが
ココロに響くことに出会っていれば

もし、何かあっても
大切なことに気付くことが出来ます。

ココロを込めたご飯も、そのひとつなのだと感じています。
by miyuki_ogata | 2014-06-25 20:58 | 台所薬局 | Comments(0)

産後のための優しいブレンド

d0319230_1112088.jpg


オリジナルハーブティーのご注文をいただいたので

授乳中のお母さんにおすすめの
産後のための優しいブレンドをお作りしました。

乳管の通りを良くし
子宮の痛みを緩和してくれます。

産後うつにもおすすめのハーブティーです。


雨が降ったあとに、ぐんと伸びる作物。

実りを助けるために
自然界のガイドたちが動いているかのよう。

そして、生命を育む赤ちゃんにとっては
お母さんが大切なガイド。


この新しい世界で
優しい時間を過ごせますように・・・♪
by miyuki_ogata | 2014-06-23 14:54 | 緑の薬箱より | Comments(0)

気持ちのチカラは 生命のチカラ

d0319230_18232475.jpg

総合病院にアロマトリートメントに来ています。

脳梗塞の方で、目も開けられなくて
言葉は話せず、鼻からチューブで栄養を取られています。

片方の手足はむくみで大きく膨れ上がって動かないので
体調に合わせてエッセンシャルオイルを選び
丁寧にトリートメントをしました。

景色も見えなくて、食事の味も分からない日々。

だけど、嗅覚は残っているので
植物の香りの豊かさを届けることが出来ます。

ご家族にトリートメントの方法をお伝えしたところ
毎日かかさず1時間、実施されたそうです。

2週間後・・・数ヶ月、動かなかった手足が動くようになりました。

瞼も開けられるようになり

そして、今日は初めて車椅子に乗って
病院の廊下の端っこまで行き
窓の外の景色を眺めることができました。


言語が出来る時に

いつか外で「野菜やハーブを育ててみたい」
「自転車に乗ってサイクリングをしたい」と言われていました。


"気持ちのチカラは 生命のチカラ"

植物からのメッセージが聴こえたような気がしました。



by miyuki_ogata | 2014-06-19 18:51 | 緑の薬箱より | Comments(0)

ぷくぷく・・・発酵時間

d0319230_1725054.jpg

福津産の無農薬夏みかんの
余った皮で天然酵母を起こしました。

6月は室温でパンを発酵させるのにちょうど良い時季。

生地に天然酵母を入れて手でこねこね・・・
さわやかな夏みかんの香りの中で思い出しました。

森のキッチンで女の子たちと初めて天然酵母を起こした時のことや、
街の80歳の元気なパン屋さんとパンを作り始めたこと。
「パンが必要になったら、いつでも届けるから」と言ってくれたパン職人さん etc...

何かを作っていると
時々、ふっと色んなヒトの背中を思い出します。

心に響く出会いはいつまでも、日々の暮らしの中で生きています。

こねこねして、程よい固さになったら
最後に手で優しくカタチを整えます。

それから6時間ほどかけて
室温で発酵させていきます。

酵母も、生地も
季節の温度でじっくり発酵。

自然のままに、時間が流れていく

ぷくぷく発酵時間です。





by miyuki_ogata | 2014-06-15 03:30 | おやつ | Comments(0)

7月のレッスン

暮らしの中のハーブ
~虫除けスプレー作り~


海水浴やキャンプ、花火など、アウトドアシーズンがやって来ました。
天然のエッセンシャルオイルでちいさなお子様にも安心の
肌に優しい虫除けスプレーを作ります。

◆日 時 

7月5日(土)/ 7月7日(月) 

10:30~12:00 


暮らしの中のハーブ
~ラベンダーバンドルズ~
 

富良野のフレッシュラベンダーでクラフト作りをします。
手仕事中はお部屋いっぱいにラベンダーの香りが広がります。

◆日時

7月7日(月)

13:00~14:30 (ラベンダーバンドルズ付)


<会場>津屋崎千軒 まちおこしセンターなごみ
〒811-3304 福津市津屋崎3丁目17番3号

※案内図など
http://www.city.fukutsu.lg.jp/shisei/shisetsu/nagomi.php


緑の薬箱シリーズ
~ひんやりジェル作り~


肩や脚のコリ、スポーツ後の炎症や日焼け時にもおすすめの
ローズマリーのひんやりジェルを作ります。
山笠の筋肉疲労に。(ご家族が山笠に参加される場合は特典があります)

◆日 時
 
7月12日(土)/ 7月14日(月)

10:30~12:00 

キャリアコンサル「好きなことを仕事に」

厚生労働省 求職者支援セミナー(福岡市)

7月28日
12時40分〜15時30分



by miyuki_ogata | 2014-06-13 16:28 | 教室の日程案内 | Comments(0)

風と話す木

d0319230_13231886.jpg

松は"風と話す木"と言われています。

優しい潮風と共に
松の木々のおしゃべり声が聴こえてきそうです。

雨あがりのしっとりしたおさんぽ時間。

ふかふかの土の感触を確かめながら
松林の保全活動をされている方からお話を聞きました。

身近にある木々や花、植物や野菜も・・・
暮らしの様々な場面で活躍する、自然からのおくりものです。

d0319230_1471943.jpg

今日は和ハーブの教室でした。

レッスンの後に、メールが届きました。

「家に帰って、改めて周りを見渡すと
足元に咲くちいさな草花が大切に思えました。」


とても素敵なお知らせでした♪
by miyuki_ogata | 2014-06-10 13:45 | 教室の様子など | Comments(0)

自然の息吹をいただいて

d0319230_17475819.jpg


海ではぷかり、ぷかりテングサが
野山では真っ赤な野いちごが実る時季。

おやつには
テングサで作ったハイビスカスゼリーに
野いちごジャムを沿えました。

6月の、自然の息吹と一緒に「いただきます」
by miyuki_ogata | 2014-06-09 21:08 | おやつ | Comments(0)

おさんぽと浜辺に咲く青い花

d0319230_20173869.jpg

名前を知らないお花がありました。

お花がじぃっと見ているので
私もじぃっと見つめて

もっと知ることにしました。

初めて会った
このお花のことは知らないけれど

花の生命が短いというのは
よく知っているからです。

おさんぽしていたら
そんなモノたちに出会っても
すぐに立ち止まることができます。
by miyuki_ogata | 2014-06-06 11:18 | 日記 | Comments(0)