自然のちいさな贈りもの    

herbsgift.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日記( 44 )

里山のお花畑

d0319230_6362217.jpg

写真の白いお花は絶滅危惧II類の節分草の群落。
今も昔のように、畑やお庭に咲いているところを見つけて嬉しかったです。

とても素敵な里山でした。

by miyuki_ogata | 2013-11-24 06:46 | 日記 | Comments(0)

人と自然と

d0319230_10495120.jpg


水鏡をのぞきこんで

標高600m~2000mくらいのところで暮らしたり
過ごすことで出会ってきた野草やお花畑

福岡に来て、標高が変わったことで
これまで見かけていた草花を
簡単に目にすることがなくなりました。

先日、大分県の高原散歩へつれていってもらいました。

自然でいっぱいだけど
何処かで人の跡を感じます。

風にのって漂ってくる放牧の香り
遠くに見える町並み
里山の温泉の湯気

人と自然がより近く感じられる場所
人の手で守られている風景
改めて九州の自然はいいなと思いました。

ふかふかの土
根っこにある大切なこと

フィールドワークを通して
新しい草花との出会いを楽しみながら

より身近に、ハーバルライフに取り込んでいきたいと思います。
by miyuki_ogata | 2013-11-17 10:09 | 日記 | Comments(0)

大自然の中へ

風の谷へ
山道を歩いて・・
以前、働いていた大分まで行ってきました。
職場は歩いてしか行けない、国立公園の中にあります。

d0319230_1712238.jpg

植物を扱うお仕事をさせていただいているので
時には原点に戻ることが大切。

空・太陽・風・土・水の恵みを感じること。

私たちの手もとへ贈られて来るまでの
永く尊い道のり

育つための源

空からの雨は森に降り、川となり
町並みを通って海へと還ります。
by miyuki_ogata | 2013-08-26 17:17 | 日記 | Comments(0)

夏の岩場で

8月、まだ雪が残るほどの深い山
岩場に咲いている花に会いました

一年の半分以上が雪で覆われている地
美しい黄色い花びらが開くのは、一生のうちの一瞬に過ぎません

風にのって種子が落ちれば
晴れの日も嵐の日も
ずっと同じその場所で生命を育みます

野草は与えられた自然環境に沿って
いちばん綺麗に咲く方法を知っているからです


そして人は・・・夢を見るのも自由
好きになるのも自由、何処へ行くのも自由です

与えられた自由の中で
たくさんの出逢いの中で
綺麗に咲く方法を見つけていきます

d0319230_903364.jpg
by miyuki_ogata | 2013-07-14 08:58 | 日記 | Comments(0)