自然のちいさな贈りもの    

herbsgift.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日記( 44 )

水の旅

船石で雨宿り

葉っぱを飛び跳ねる
雫の音に耳を澄ませて
d0319230_8441072.jpg

夏から秋へと
移り変わる季節の美しさを

森のアロマと共に巡ります。

台風一過
いくつもの滝に沿って歩いて行きました。
d0319230_8451282.jpg

久しぶりの恵みの雨をいっぱいに浴びた
木々や植物たち。

葉っぱが重なる
ふかふかの腐葉土を歩き

雨の雫の宝石で
苔色に輝く大きな岩

夏の終わりの水の旅となりました。

d0319230_8465070.jpg

[PR]
by miyuki_ogata | 2016-09-01 08:46 | 日記 | Comments(0)

砂礫に咲く花

d0319230_23485079.jpg

大切なことやムズカシイと思えること
砂礫に咲く草花たちは知っています。

それらの全てが貴い
生命の途中だということも。

オーダーメイドでお作りした
ハーブの贈りものたちは

みらいの先生たち、みなさまで
ご利用いただいているそう。

自然の恵みと共に
子供たちに伝えてほしいことがあります。
[PR]
by miyuki_ogata | 2016-07-13 23:57 | 日記 | Comments(0)

風の通り道にいます

d0319230_0153727.jpg

[PR]
by miyuki_ogata | 2016-05-26 00:17 | 日記 | Comments(0)

心を込めたお仕事

d0319230_1113322.jpg

5月の風が吹く頃に朱色の花びらが散り
おじいさんのような様相に変わる翁草
(絶滅危惧植物Ⅱ類)
昔は田んぼの畦道にもたくさん咲いていたそう。

山野草を見に行くとしたら
大抵は自生地まで行ってしまうけれど

ここの翁草は育てている方の
魂がこもっていているのか
伸び伸びとしています。

今年は宣伝用のパンフレットを
見かけなかったから
畑のおじいちゃん元気なのかな~と
心配していたけれど

いつものように銀色のお花畑の中で作業をされていました。

お話を聞いてみると毎年、イベントのような形で
畑を開放してきたけれど今年は10年目だから
本当に好きな人だけが見てきてくれたらいい、という思いだったそう。
d0319230_11144373.jpg


10年でやれることは全てやったから・・・

翁草を見つめているおじいちゃんが
翁草と重なって見えました。




[PR]
by miyuki_ogata | 2016-05-24 11:15 | 日記 | Comments(0)

森のレイン・デトックス

気持ちいい春風に誘われて
森へやってきました。

だけど、お山の天気は変わりやすい。

誰もいない雨の森で
すっかり迷ってしまいました。
d0319230_10355873.jpg

こんな時は五感を研ぎ澄まして
道なき道を選び、キコリさんたちがたどるテープに沿ってきます。

そうしたら、古来からの言い伝えのある
大きな岩が残されているところにたどり着きました。
石は「意志」とも言われるもの・・・
きっと、大切なことを想い出すためにここに来たのカナと思いました。

ホリスティックなことに携わる中で
病いや痛みを通じ、心身と生活について
深く考える機会を与えられていると感じることがあります。

d0319230_10445651.jpg

静寂の雨の森の中で

空の上で大きなものが動いて
ビュンと風を作ったかと思うと

時折、雲の隙間から
陽の光がきらめいてきます。

目の前の出来事にただ、集中し
ありのままに感じることをマインドフルネスといいます。

グーグルやインテルなどの企業では社員研修としても取り入れられている
リラクゼーション療法のひとつです。

雨に降られたのは久しぶりだけどハッとさせられたり心が温かくなる、とても心地良い時間でした。
d0319230_1131221.jpg

ひっそりと・・ショウジョウバカマたち、可愛かったです♪

[PR]
by miyuki_ogata | 2016-04-04 11:04 | 日記 | Comments(0)

人知れず咲く花

d0319230_215440.jpg




最近、お仕事で関わっている女性は
1度、手術をして再発してしまうと
もう手術は出来ない病気で
認知の症状もあります。

そんな彼女に
「どんなお仕事をしている時がいちばん楽しいですか?」と聞くと
お掃除をしている時と答えます。

これまでも、そんなお仕事をしてきたそうだけれど
今回、人と接する最前線のお仕事を選び
社会の表に立った彼女は人と接し
笑顔で交わせることを望んでいるから・・・

山ノ奥の水芭蕉
原生林の木々には時折、熊の爪痕が残り
すぐ傍には野生動物の息吹を感じます。

冷たい雪解け水
自然の中で
人知れず咲く花に出逢いました。
[PR]
by miyuki_ogata | 2016-03-12 21:05 | 日記 | Comments(0)

新月・薔薇を濾して熟成を

d0319230_11273171.jpg


満月の薔薇ワークから
ちょうど2週間後の
新月の今日です。

薔薇たちを濾したら
更に次の満月まで熟成させていきましょう。

こんなふうに時間を掛けて
大切な人たちと過ごした想い出を
じんわりとノートに記しながら

春の柔らかな香りになりたいナ、と思う

自然の恵みに感謝を込めて♩
[PR]
by miyuki_ogata | 2016-03-10 11:28 | 日記 | Comments(0)

松林のお掃除

d0319230_23145595.jpg


雨上がりの新月に
松林のお掃除

人々の暮らしを守ってきた木に感謝して
松や松葉を拾い集めます。

こうしておくことで
春になって草刈りがしやすくなり
また、雑草が生えにくくなるそうです。

トラック何台分にもなりました。
[PR]
by miyuki_ogata | 2015-12-13 23:12 | 日記 | Comments(0)

秋の里山散歩

d0319230_16264094.jpg

秋の小径を歩いていると気持ちが良いです♪
水田と畑、日本にはのどかな里山風景があります。

漢字を見てみると
水田は水の田んぼ
畑は火の田んぼと記されています。

農法によるものなのかもしれませんが
古来から水の神様、火の神様と大切にしてきました。

水や火がなければ作物が育たなかったり
美味しいご飯を作ることが出来ないという感謝からでした。

枯木に灰を蒔く花さか爺さんのお話も
灰は畑の肥料になるという昔からの知恵。

お散歩しながら、おばあちゃんから
昔話を読み聞かせてもらったことを思い出します。




[PR]
by miyuki_ogata | 2015-11-10 10:41 | 日記 | Comments(0)

お月さまのハーブティー

月夜を楽しむ時間 ~福津暮らしの旅~

主催の方にご依頼いただいて
「自然のちいさな贈りもの」をお届けにやってきました。

会場は刈り取った田んぼの中。

ちょうど新米の羽釜ご飯が炊きあがり
新鮮野菜のカレーをごちそうになりました。
d0319230_1882592.jpg


お届けした「お月さまのハーブティー」は
カラダがぽかぽか温まり、リラックスできる
カモミールやリンデンを中心したブレンド。

ちいさなお子様にもおすすめです♪

d0319230_17523079.jpg


20名様とのティータイム
スタードーム内でお茶をお淹れしていると
月の光のエッセンスでまろやかな味に・・・♪

お月さまのハーブティーをいただきながら
月のリズムでお野菜を育てられている農家さんのお話を聞いたり
参加者の皆様と過ごす素敵なひとときでした。

今日も自然の恵みに感謝♪
d0319230_1804772.jpg

[PR]
by miyuki_ogata | 2015-10-29 18:09 | 日記 | Comments(0)